◆ファイナンシャル・プランニングとは

その目的を一言でいうと、ひとりひとりの夢や目標を実現することです。
今後どのような生活を送りたいか、実現させたいことを可能にするために何をしたらよいかをお金の面から計画し、実行していくことをファイナンシャル・プランニングといいます。
                                  
たとえば、あなたが「そろそろ家がほしい」という希望を持ったとき、
 
・・・少しは貯蓄があるけれど、足りない分はローンを組む必要があるし、頭金はいくらくらい出したらいいんだろう?そもそも何十年もローンを払っていけるんだろうか?子どもの教育もお金がかかるし、趣味もそれなりに楽しみたいし、でも老後資金も貯めないといけないんだよね・・・。
 
というふうに、希望を叶えるにあたって様々な不安や思いが頭の中をよぎることと思います。では、具体的に何をどう考えていったらよいのでしょうか?
 
1.まずは現状をしっかり把握すること、ここからすべてが始まります。
2.そして何のために、いつまでに、どのくらいの資金が必要か、
3.問題点はないかも考えながら実現までの計画を立て実行に移し、
4.必要に応じて軌道修正していきながら実現に近づけていく
という一連のプロセスを踏みます。
「家を買う」という希望をかなえるためには、
現在の家計状況から無理なく家が買えるのか、今が無理なら何年後に買えるのか、といったことを教育費や老後資金、趣味に回せるお金などのバランスも見て長期的・総合的な視点で考えていきます。そして数値的な目標を設定し、とるべき対策を具体的に立て実行に移していきます。

 

これら一連のプロセスを踏むにはキャッシュフロー表(CF表)というツールを使うのが近道です。

ファイナンシャル・プランナーはキャッシュフロー表を作成して、お客様の「今」と「これから」を経済的な視点から年表形式の表に起こし、現時点での家計状況を診断します。

 

そして未来に向けて、夢や希望の実現につながるアクションをお客様ご自身が起こせるようサポートしていきます。これをライフプランニングといいます。

 

ファイナンシャル・プランニングを行うと・・・


1.ご自身の資産やローンの現状を正確に把握することができる

2.ばく然としていた夢や希望を「いつまでにいくら」といった数値上の目標として確認できる

3.ご自身の現在と将来が明確に見えてくる
 
4.気がつかなかったリスク(貯蓄の目減りなど)や問題点が見えてくる
 
5.リスクに備え、問題点をクリアするには何をすべきかが具体的に見えてくる
                     
6.現実の行動に結びつく(家計の収支改善、運用で資産を増やすなど)

 

7.夢や目標が叶う

 

 

何らかの対策ができたかもしれないのに、漠然と不安を抱えたまま、いつのまにか夢や希望をあきらめなくてはならなくなってしまうのはとても残念なことです。

 

また、不安だからとやみくもに貯蓄に励み、日々の生活自体を楽しめなくなってしまったり、お金の使いどころを間違えて人生の大切な局面で資金が尽きてしまったりするのも避けたいもの。

 

夢を夢で終わらせないために、人生をちょっと安心に過ごすために、あなたもファイナンシャル・プランニングの視点から、人生設計を考えてみませんか?

 

 

  ファイナンシャル・プランニングサービス Topへ